今日はパーカーよー。パーカー。

やーね、服じゃないわよー。

jazzでパーカーって言ったら彼よ。偉大なるアルトサックス奏者、チャーリーパーカー。

日本人ってね、ビル・エヴァンスとかエディーヒギンズとかミシェルペトルチアニとか、聴きやすくて透明感のある演奏者を好む傾向があるように感じるわ。

けど、「ビバップ」っていう、彼が継承した音楽スタイルはJAZZを語る上では絶対にハズせないものとして、1943年頃の発祥から2014年現在、70年経った今も語り継がれているものなの。

※ビバップを誕生させたディジー・ガレスピーや、ビバップが誕生した背景についてはこちらで詳しく書いてあるから読むのよ!

スポンサーリンク

Charlie Parker 「Now`s the time」

paka

<収録曲>

1.The Song Is You
2.Laird Baird
3.Kim(Alternate Take)
4.Kim
5.Cosmic Rays
6.Cosmic Rays(Alternate Take)
7.Che-Che(Alternate Take)
8.Che-Che
9.Che-Che(Alternate Take)
10.Che-Che
11.I Remember You
12.Now’s The Time
13.Confirmation

<キャスト>

Sonny Rollins (ts)
Thad Jones (cor) #4
Herbie Hancock (p) #1,6,7
Ron Carter (b) #1,5,6,7
Bob Cranshaw (b) #2,3,4,8
Roy McCurdy (ds) #1,2,3,4,5,6,7,8

 

ジャズの教科書的存在のアルバム。何を隠そう、私がまだジャズってもんを何も知らない時に、当時付き合ってた2丁目のマスターにこのアルバムをお勧めされたわ。

そのマスターは他の男と浮気して私を捨てやがったから私は借りてたマスターのCDをトンカチで割ってしまったの。

けど、このアルバムがあまりにも良かったからまた買っちゃったっていうエピソードがあるのよ。オホホホ♪

え?そんなこと聴いてない?アルバムの紹介をしろって?わかったわようるさいわね。

11曲目のタイトル曲、「ナウズ・ザ・タイム」は、ジャズミュージシャンがジャズを練習する時に、一番最初にやる課題曲、一番基礎となる曲とも言われている、ジャズ・ブルースの代表曲よ。

1曲目のいきなり始まる「ソングイズユー」は激ヤバだけど、9曲目の「チチ」から12曲目の「コンファメーション」の流れは最高。

古びたアメリカのバーを彷彿とさせてくれる本作はちょっとしたホームパーティなんかに掛けてもいいんじゃないかしら

チャーリーパーカーを知るならこれ!関連映画情報!

チャーリーパーカーの事、もっと深く知りたいって方にお勧めするのが、「BIRD」という映画。これは絶対にお勧め。34歳の若さで亡くなった、チャーリーパーカーの半生を描いたクリント・イーストウッドが監督の作品よ。1988年に放映されたこの映画、薬と女と酒まみれのドロッドロのパーカーのジャズライフを描写しているわ。

こんな奴、絶対彼氏にしたくはないwそう思うけど、やっぱり女は感性で反応する生き物だから、パーカーほどの天才芸術家には心が奪われてしまうものなのね。あのハードバップなアドリブを再現してしまうフォレスト・ウィテカーのアルト・サックス演技も凄まじいわ!音楽家じゃないのよ、彼!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] →ビバップについての記事はこちら […]

  2. […] →ビバップについてはこちら →スゥイングについてはこちらで説明しているわ! […]

  3. […] ょっと削って、よりしっかりと 音数を減らしてメロディアスな1面を出したバップとでも言えばいいかしら。 1950年代のJAZZによく取り入れられた奏法よ。 →ビバップに関する記事はこちら […]

  4. […] JAZZ映画、「BIRD」に因んでいるチャーリーパーカーも このライブハウスによく出演していたの。現在はタイムズスクエア 44丁目近辺にあってね、私も以前クリスチャン・マクブライドの […]

  5. […] トランペッターでボーカリストのチェット。本作は前編ヴォーカル の作品だけど、それまではトランペット作品が中心だったわ。あの チャーリーパーカーにもその腕は絶賛されたのよ。 […]

  6. […] 1950年代には、ビバップの帝王、チャーリー・パーカーやミルト・ジャクソンと共演、その後61年にデンマークに活動の拠点を変え、93年にコペンハーゲンでその生涯を終えるの。 […]

  7. たかしくうん

    数年前にベスト盤を聴いたのですが良さがわかりませんでしたが

    最近ナウズを聴きましたが

    音源がかなり古いしチャリーパーカーは過去の遺物しか思ってませんでした。

    聴いてみたらかなりハードでとても素晴らしかった。

    バードのサウンドトラックも買ってしまいました。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。