どもー!

がんがん寒くなってきたわねー!

みんな体調大丈夫?私はJAZZとウイスキーで毎日元気に二日酔いよ(^^)

じゃあ今日の1枚!

スポンサーリンク

John Coltrane Quartet ・Ballads

hui

■収録曲

セイ・イット
ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
トゥー・ヤング・トゥ・ゴー・ステディ
オール・オア・ナッシング・アット・オール
アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー
ホワッツ・ニュー
イッツ・イージー・トゥ・リメンバー
ナンシー

■メンバー
ジョン・コルトレーン – テナー・サックス
マッコイ・タイナー – ピアノ
ジミー・ギャリソン – ベース
エルヴィン・ジョーンズ – ドラム
レジー・ワークマン – ベース

身体の中の奥深くから、深~く深く生命の息吹を吹き出すように、丁寧にしっとりと歌い上げている一枚ね。

 

ジョン・コルトレーンのアルバムにも色々な種類があって、「コルトレーンバップ」とも言われたビバップの進化版やオーネット・コールマンさながらのフリージャズサウンドなど、時代によって様々な変化を生んでいるんだけど

 

繊細に、丁寧に唄い上げるこの作品は、さすがコルトレーン。JAZZで「歌う」っていうのは、ヴォーカルのみに適用される言葉じゃなくてね、サックスからベース、ドラムにまで全ての楽器に適用されるの。

 

歌っているプレイヤーほど、スイングしているって言っても過言ではないわね。

 

そして、コロコロと鍵盤を行ったり来たりするマッコイ・タイナーのピアノもまた繊細で、存在感たっぷり!

 

どっちかというとガッツリ「すた丼」みたいなプレイのする印象のあるプレイヤー達かも知れないけど激しくヘヴィな顔を持つプレイヤーほど

 

バラードでこういった一面を魅せることがある。

「you don`t know what love is」の出だしのルバートの部分の各楽器の音の駆け引きなんかも聴きどころ満載よ!

「あなたは愛をなんだかわかってない」って曲。私がオトコと別れる時に、必ずこうメールするわ。悪趣味でしょ。おほほほ。

コルトレーンの優しい面

雑誌やライナーでも、「激しさのコルトレーン」としての評価が多かったみたい。楽曲「giant steps」での一切途切れることの無いサックスプレイっぷりは、

 

新幹線が何駅も飛ばしまくって北海道から九州までノンストップ縦断って感じね。

 

けど、知られていないだけで、コルトレーンはバラードも昔から演奏しているのよ。「バラードは退屈だ」っていうJAZZリスナーも多いけど、私はビバップやモードばっかりだと疲れちゃう。

 

それに、拍が長く、ゆったりと聴けるバラードはそのアーティストの特徴がすぐわかるんだ~!アーティストの来歴や歩んできた道を知りながらJAZZを聴くと、その楽しさが2倍にも3倍にもなるわ!

 

強いて言えば、ワインもそう、シャトーだのボルドーだのブルゴーニュだの、畑の名前や生産者の意図をソムリエさんに説明してもらってから飲むワインって確実よ。

 

あーとかなんとか言ってたらワイン飲みたくなっちゃった。ちょっと行ってくるわー笑

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。