いやーんホワイトデーじゃなーい。今日。麻里亜ちゅゎーん♂♀でっしゅ!私の特殊な性別ではね、バレンタインデーとホワイトデー本当に大変なの。まあはっきりいえば、どっちもあげてるし、どっちも貰ってるのよ。忙しいわ金掛るわ虫歯になるわで大変よ~

ってなわけで可憐に板チョコを鍋で溶かしている土曜日の午後よ!そんなクッキングタイムにノリノリの、今聴いてるジャズアルバムをご紹介するわ!

スポンサーリンク

小林香織・SPIRIT

SACA

1. High Flyer
2. The Fighter
3. Sunny Orange
4. Light and Shadow
5. AZUCHI-MOMOYAMA
6. EDO-MAE
7. Dream
8. Now and Forever
9. Shooting Star
10. Looking Forward
11. See You
12. Place In The Sun

いやあ、若いっていいわよねえwって、何を言ってるんだと言われちゃいそうだけど、ヘンなアンチエイジングコスメに手を出すんだったら、私は小林香織の動画を見ろとお勧めするわ!

その、見た感じどこにでも居そうなフツ~な女の子って感じだけど、けどプレイは超一級品。まずジャズサックスに絶対的に必要な、セクシーさ、色気、お酒っぽさていう香りがむんむんだから凄い。こういった、”雰囲気”的なものはある程度の人生経験や歴史を積まなければ兼ね備えられないと私は思うんだけど、

音に”オーラ”があるのよねえ。サックスを吹く為に生まれてきたんじゃないかと思うほどよ。メディアにも雑誌にもよく登場している小林香織ちゃんの生い立ちをご紹介するわ。

小林香織の生い立ち

1981年神奈川県生まれ、ジャズだけでなく、フュージョンやファンク系の演奏もこなし、また、アルトサックスの他にフルートも操るという超多彩なこの女性演奏家は若干33歳。ジャニーズ界やロック界では「オッサン」の30代でもジャズ界では若手。40代くらいでやっと”中堅”といわれる日本のジャズシーンにおいて、20代の頃から注目されていたのが彼女。

2005年にアルバム「solar」でデビューしたわ。当時まだ22、3歳ね。その頃私何してたかしら~。イケメンのケツ追い回してたかしらね(←今と変わらん)

もちろん「若い娘がプレイする」っていうジャズだけで、注目はされるものだと思うけど、頑固な日本のジャズリスナーは、絶対的に音に魂がこもってなければ興味を示さないわ。しかし、さっきもいったように、”カーッ”と来るものがある。

大人っぽさがありながらも全体的にポップでキャッチ―な曲調も多く、ビギナーにも結構好かれている印象があるわ。これから吹奏楽を始める女子高生サックスプレイヤーなんかには、絶対的にお勧めだわ。ジャニーズとAKBばっかりのこの日本の音楽シーンを”ジャズ一色”にして貰えるように、私も今後、全力で応援するアーティストの一人よ!

 

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。