どもー!麻里亜ちゅゎーん♂♀でっしゅ!

突然だけど、みんな恋してるかしらん?私ね、昨日とってもいい出会いがあったの!っつってもいつものバーなんだけど、もう、好みど真ん中の男が現れてね、ライン交換したのよ~!うふふふふ…。

今年の恋愛傾向も、相当上手くいってないから(うるさいわね)今度こそ、実る恋になってほしいものね!

しかし、返事来ないわねえ。既読スルーの匂いがプンプンするわ。

スポンサーリンク

恋をしたときにスコットハミルトンの「マイフーリッシュハート」

266
曲目

(1)マイ・フーリッシュ・ハート
(2)ロシアの子守歌
(3)ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ
(4)ザット・オールド・ブラック・マジック
(5)スカイラーク
(6)夜も昼も
(7)エンブレイサブル・ユー
(8)アム・アイ・ブルー
(9)ジーズ・フーリッシュ・シングス
(10)ザ・モア・アイ・シー・ユー
(11)ザ・ソング・イズ・ユー
(12)ジス・ラブ・オブ・マイン

出演者
エディ・ヒギンズ(P)
スコット・ハミルトン(TS)
スティーブ・ギルモア(B)
ビル・グッドウィン(DS)

2002年9月録音

 

ジャズファンだったら「マイフーリッシュハート」って聞けば絶対ビル・エバンス想像すると思うんだけど、私はこのスコットハミルトンの演奏が大好きで、今回書かせて貰ったわ!とにかくね、この人の演奏は甘い。甘いって、甘っちょろいって意味じゃなくて、お花畑に居るような、ステキな空間に居るような、フローラルな気分にさせてくれるの♪今日みたいな恋をしている日にはぴったりのアルバムよ!

甘さを引き立てる・エディーヒギンズのピアノ

本作はエディーのリーダー作で、スコットをフィーチャーした作品なの。しかし本当にこのふたりの絡み合いは飽きないわ。もちろん、ベースのスティーブギルモアと、ドラムのビル、グッドウィンの軽快さ、ポップさの感性も素晴らしいけど、甘いメロディの噛み合いが、心地よいハーモニーを生み出して、とってもハッピーな気持ちにさせてくれるの。

聴き易いスタンダードが盛り沢山

本作は、ジャズ初心者の方にも聴き易い作品だと思うわ!「マイフーリッシュハート」「ナイトアンドデイ」「スカイラーク」「エンブレッシブルユー」「ザ・ソングイズユー」なんかはもうスタンダード中のスタンダードで、街のセッションなんかでもよく演奏されている曲なの。

ただ、定番曲だから、マイナーな曲だからって、彼らにはあまり関係ない感じがする。なぜかって、しっかりと、サウンドを「彼らのカラー」に仕立て上げているからに他ならないわ。欲をいえば、スタンダードナンバー、「キャンディ」でもやって欲しかったところだけどw

甘いだけじゃなくて、もちろんそこには超一流ミュージシャンならではの深みがあって、品があって。だから何100回恋をする度に聴いても飽きないのね。つっても、別れなきゃ何100回も聴く必要無いんちゃうって今ふと思ったけど。うるさいわねー(←誰も何もいってない)まあ、いい結果になったら報告させて頂くわ。おっほっほ(^0^)

スポンサーリンク

コメント

  1. どうも突然失礼します。
    10年遅れでエディヒギンズに夢中になり、ネットを見ていてコメントを拝読、スゴく面白かったので。
    スコットハミルトンやヒギンズの良さを上手く伝えていて相づちを打ちました。またコメント期待してます、っていつ書いたものでしょうか。
    個人的なご事情がうまく行くことを祈ってます、またお酒は程々に。では失礼。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。